2015年11月11日

第36回研修会 開催しました

kenshu36-02.jpg
平成27年11月10日、半田市福祉文化会館(雁宿ホール)2階視聴覚室において、愛知県建築局住宅計画課 課長補佐で防災まちづくりグループ班長の 林 靖郎(はやしやすお)氏を招いて、「地震に強いまちづくりをめざして」〜県政お届け講座PartU〜と題して第36回研修会を開催しました。参加者は45名(講師含む)でした。
オフレコ、ということで当日の配布資料はなく、パワーポイントでの講演で、私たちの知らない、行政の中身をお話しいただき、「エーそうなんだ」と納得もあり、そりゃおかしい、お都合主義だろうと突っ込みたく部分もありました。
知多地域は、東海東南海地震で震度6弱、6強地域と予想されています。それを踏まえた倒壊予想割合をみると、まだまだ、危険な市町があります。私たちの運動で、この地域は改修が進んでいることもデータで示され、「やってきて良かった」と思いました。でも目標とする90%の耐震化率はまだ先です。でも改修工事は伸び悩み、補助金も減らされる方向にあります。
講師の林氏も「国の方針がわからない」と言っています。耐震化が進んだらなにかご褒美があれば、自治体の担当者も頑張れると思います。
国の方針を待ってばかりはいられません。地元の耐震化に責任を持つ立場での活動をしていきたいと思います。

posted by taishin-chita at 15:17| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする