2015年12月22日

講師活動報告(成田)

この間、減災協ルートで依頼があり、高知県と熊本県に行きましたので報告します。

高知県は12月12日(土)、昨年に続き2度目(減災協としては3度目)、川端さんを筆頭に井戸田先生、花井先生と丸谷さんと私の5人で高知へ行きました。
午後1:45から3時間、5時前までの予定です。人数が多いので一人あたりの持ち時間が少なく、私の受け持ちは25分、その短い時間にN値計算の重要性と、精密診断による必要耐力を手計算でやる方法を紹介しました。
丸谷さんは、一連耐震改修設計ソフト「ホームズ君」を使った具体的な改修設計方法を紹介していました。
高知県では、改修設計は基本精密診断で行っています。その多くが「ホームズ君」なので、その使いこなしが重要だと思います。
ソフトをいじって結果を出すのではなく、精密診断法をよく知ったあとで、最後に一連ソフトで計算させることが良いでしょう。

熊本県は12月20日(日)、高知とは違い、私が一人、3時間みっちりやりました。
高知県が100名以上集めて行ったとは対称的に20名、少数精鋭でスペシャリストを作る目的。
時間があったので、N値計算の演習問題をしっかりやり、それから精密診断を手で計算するやり方を電卓叩きながら、解説しながら、行いました。
これはたいへん有意義でしたので、わがネットワークでもやりたいと思います。

遠征のもう一つの楽しみ、観光です。
IMG_1049.JPG
高知県では、翌日の日曜日、井戸田先生は朝名古屋に帰りましたが、ほか4人は花井先生がレンタカー借り、丸谷さんの運転で四万十川最上流、梼原(ゆすはら)へ行きました。雲の上のレストラン、雲の上の温泉などの施設、隈研吾氏監修、慶応大学建築研究室設計の町庁舎など、なかなか頑張っている町でした。
IMG_1054.JPG
熊本は朝早い飛行機で行ったおかげで、午前中に時間があり、熊本アートポリスの建物数点、熊本大学内の五高記念館を県の方の案内で見ることが出来ました。
IMG_1065.JPG
IMG_1072.JPG
posted by taishin-chita at 11:34| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする