2017年08月30日

第42回研修会開催

kenshu-42-2.jpg
 2017年8月29日、半田市福祉文化会館 視聴覚室において、「極める! 伝統構法 改修設計法」と題して、研修会を開催しました。参加者は42名でした。
 伝統構法(太い柱、差鴨居、丈三建ちなど)の建物、まだまだたくさん残されています。老朽化しているものもある一方で、壊すにはもったいない立派な建物も少なくありません。
 壊して立て直すか、大改修して使い続けるか、悩んでいる方に「改修できます」と胸を張って提案できる技術を身につけ、地域の財産である伝統構法を残していきましょう。
 まず、当ネットワーク事務局の成田より、WEEとエクセルワークシートを使った精密診断法による、耐震改修設計法を紹介。このエクセルシートは資料室にあります。但しバグが見つかったため、修正に数日かかります。
 後半は本田委員による伝統構法改修事例を基礎部分に限って紹介していただきました。本田委員は、この伝統構法の改修を多く手がけ、愛知県建築物地震対策協議会の耐震改修事例コンペで入賞しています。
 この日紹介した資料も資料室にあります。
kenshu42-3.jpg
posted by taishin-chita at 11:52| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする