2018年10月31日

第47回研修会 開催

kenshu47-02.jpg
2018年10月30日、半田市福祉文化会館 視聴覚室において、「手計算で出来る 精密診断法による必要耐力計算」と題して第47回研修会を行いました。講師は運営委員の成田です。
面倒なAi分布の計算を予め表にしたことにより、手計算で精密診断法の必要耐力を計算できるようになりました。Ai分布の計算は平方根があったり、2乗があったり、わかりにくい式があって、構造計算の不得手な方にはハードルが高いものです。それを簡単なかけ算、割り算、足し算だけで計算で出来るようにしました。
全員が電卓叩きながら、講習会を進めていきました。例題を出して演習していただこうかとも思いましたが、作った課題が難しすぎるものになってしまったので、この形を取りました。
手計算で必要耐力を出すことは、耐震改修設計をする前段階で、改修計画を進めるのに大切なテクニックです。しかし、手計算だけでは偏心率まで計算できませんから、やはり最後はソフトや、エクセルでやる必要があります。でも基礎がわからずにやるのとは全く違います。自信を持って改修設計をするにはこのような地味な学習が必要だと思います。
参加者は講師込み33名でした。
kenshu47-01.jpg
posted by taishin-chita at 11:09| 投稿ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

第43回研修会開催しました。

kenshu43-1.jpgkenshu43-2.jpgkenshu43-3.jpg
 10月31日、ハロウィンの夜ですが、「深める 改修工法研究会」と題して半田市福祉文化会館 視聴覚室において第43回研修会を開催しました。参加者は25名と少なめでした。
 内容はウッドピタの株式会社ピタコラム、アイワンの日本耐震補強株式会社、基礎補強「がんこおやじ」の株式会社ジェイビーエスの三社に報告を頂きました。(写真は上から順)
 塗って貼る基礎補強の「がんこおやじ」は初めての登場でしたので、聴講者の質問も集まっていました。
posted by taishin-chita at 11:29| 投稿ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

半田市が新聞折込!

handa1706.jpg
6月23日、半田市が耐震事業の新聞折込チラシを入れました。画期的です。
posted by taishin-chita at 09:27| 投稿ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

新工法のご案内

木造ネットワーク知多会員の皆様、御無沙汰しております。
アムハード小西の竹内です。
事務局の成田様からご紹介いただきましてブログ掲載させていただいております。
昨年に新工法の講習会を行ってから1年が経過します。
この1年間でも各メーカーさんが開発した商品が御座いますのでご紹介致します。

@ 城東テクノ『FRPグリット基礎補強工法』
補強材のFRPグリッドは炭素繊維とガラス繊維を樹脂で成型した繊維強化プラスチック製の格子筋をアンカーピンとポリマーモルタルセメントを塗り込み既存基礎と一体化する事で補強となる工法です。
http://joto.com/feature/rfkey/rfkey08.html

A 旭トステム外装『パンチくん』
パンチングメタルを採用した工法となっており、部屋の間仕切りなどにご使用する事で光や風を通す事が出来る工法となります。既存の商品で比較するとひかりかべと用途が類似しております。
http://www.asahitostem.co.jp/reform/p_tokucho.php

B 岡部『ブレスターZ』
ベースパックなどで御存じな方が多い、岡部さんが木造の筋交い金物を開発致しました。
筋交い金物に靱性を持たせるがコンセプトの金物となっております。
http://premium.ipros.jp/okabe/product/detail/2000182529/

FRPグリット基礎補強工法とパンチくんは建築防災協会の評価取得をしており、ブレスターZは2倍筋交い金物としてご採用が出来る公的機関での試験を実施して評価を受けております。
ご要望いただけましたら昨年同様、講習会開催のお手伝いをさせていただきます。
一部の商品の現場写真などは下記URLから閲覧可能です。

AMHARD耐震ネットワーク会員募集中
http://www.amhard.co.jp/atsn/

知多の皆様が活動している姿に刺激され、弊社でもネットワークを立ち上げました。
現在は、活動報告と新商品案内の発信ですが、いずれは各地域で活躍している耐震事業を行っている方のコラムやアンケートによる現場での問題点などを集計出来る役割を担えればと存じます。

会員登録は無料となりますので、ご興味いただけた方はご登録の程、お願い致します。

今後とも宜しくお願い申し上げます。
posted by taishin-chita at 16:20| 投稿ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする